妊婦と葬儀

先日、夫の親戚の方が亡くなったと連絡が入りました。
夫は葬儀に参列するので、私も参列しようと思っていました。
ですが、現在、私は妊娠しており、妊婦は葬儀に出ない方が良いと周りの方から言われました。どうしても参列するのであれば、お腹に手鏡を入れないといけないと言われました。
なぜ手鏡を入れなければいけないのかと気になって、調べてみました。

昔から死者を葬る儀式やそれに纏わる場所は穢れたものとされているため、妊婦が忌みごとに出席するのは厳しく戒めていたのだそうです。
また、お腹の中にいる赤ちゃんは霊力が強く、悪霊が憑依しやすいと考えられ、亡くなった方の魂が赤ちゃんに宿ってしまうと考えられているそうです。
その他にも死者の霊魂が寂しがって赤ちゃんを道連れにしてしまうという説もあります。
お腹に鏡を入れる理由は、鏡は神が宿るものとされており忌むべき穢れを跳ね返し、赤ちゃんを守ってくれるのだそうです。
そのため、腹帯の間に鏡を外側に向けて入れておくのだそうです。

このような考えが昔から伝わってきているのですが、単に妊娠していると葬儀の儀式の際、立ち上がったり、長時間座っていなくてはいけないという事も多いと思います。
その為「お腹の中の赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないか」と言う心配もあります。
妊婦に限らず、長時間にわたって葬儀に参列すると疲れてしまうものですよね。
妊娠していると、他の方よりも負担が大きいということもあって、参加しない方が良いとされているようです。
ですが葬儀に参列しないといけない時もあると思うので、その時の体調を考えた上で参加を決めた方が良さそうですね。

納棺師の仕事とは?

先日、納棺師の方をお呼びした葬儀に参列してきました。
某映画で有名になった職業ですね。必ず呼ばなければいけないわけではないので、自分自身納棺師をお呼びした葬儀に参列するのは今回の葬儀が初めてです。
自分にも1人納棺師の知り合いがいるのですが、仕事の話を聞くと結構エグいです。
ご遺体を扱う仕事ですし、必ずしも綺麗なご遺体とは限らないそうで、そういったご遺体を扱う場合の話は聞いているだけでキツイです。
そんな納棺師のお仕事を簡単にまとめて書いていきます。

納棺師の仕事の一つとして湯灌があります。
湯灌とはご遺体を洗い清めることで専用の浴槽を使い、体を洗うそうです。

納棺師の仕事はもう一つあります。それはご遺体に衣装を着せ化粧をすることだそうです。

この二つが納棺師の主要な仕事だそうです。
先日の葬儀で初めて納棺師の仕事を拝見しましたが、すごく丁寧にご遺体を扱っているなぁと思ったのと同時にご遺体の姿勢を変える際に鳴る音がしばらく耳について離れなくて、ちょっと困惑しました。
後日、納棺師の知り合いから聞いたのですが、ある程度音が鳴るのは、しかたがないのだそうです。
今まで参列してきた葬儀社さんが納棺した葬儀に比べ、今回の葬儀のほうが明らかに綺麗なご遺体になっている印象を受けました。
もし自分が死んだら、知り合いの納棺師に格安で納棺してもらおうと思ってしまった・・・そんな葬儀でした。

無宗教式と葬儀ディレクター

この間、無宗教式という言葉を初めて知りました。
そんな言葉を知ったきっかけなのですが、友人に葬祭ディレクターという資格を持っている友人がいて、一緒に話をしていた際に知りました。
無宗教式とはどんなものかざっくりとですが聞いてきたので忘備録の意味も含めこちらに書いておきたいと思います。

無宗教式というのは、宗教の形式に則らずに自由な形式で葬儀を行うことだそうです。
最近、徐々に増えてきているそうで、その葬祭ディレクターの友人も何度か頼まれたことがあると言っていました。
但し、無宗教式を行う上で普通の葬儀とは形式が異なるためいくつか注意しなければならないことがあるそうです。
そちらも書いておきます。

最初に、死亡通知状、葬儀・告別式の案内状等に必ず無宗教式であることを記載する必要があるそうです。
記載することによって弔問客の対応が戸惑わないようにするそうです。
また、通常の葬儀で行う読経、祭詞、祈祷といった儀式が無くなるので、メリハリに乏しくなるそうです。
親族や葬儀社のアドバイスを聞いてきちんと式次第を決めて盛り上げ、場を作ることが大切だと言っていました。

注意すべき点は、だいたいこんなところでしょうか。
ちなみに余談ですが、葬祭ディレクターになるのは、結構大変だそうです。
2級と1級の資格があり、その友人は2級の資格を持っているのですが、必ず1級も取るとすごく気合が入っていた姿がとても印象的でした。
葬祭ディレクターが決まっていても葬儀場が決まっていない、という時は賢い葬儀場の選び方を参考にすると良さそうです。